2007/10/29 月曜日

Life style (1/3)

いや〜、もうお気付きの方も多いかと思いますが、
10月末日で、2002年に趣味でオープンした『スクーターズ・カフェ&ギャラリー』をやめて、
今度は新しく、『勝手に外から見てくれギャラリー』と『VSH海の家』の“二本立て”で行く予定です。

1166.jpg
[今はお店の中はガラガラです。明日、大掃除をして、引き払います。]
2136.jpg  395.jpg
[このパネルは、このお店を出した時、一番に掛けたモノ・・・お店を出る時、最後に下ろす予定です。]

なので、今日はちょっとマジメな話を少々、書かせて頂きますね。
先に皆さんにお聞きしますが、ライフスタイルって変化しませんか?
学生から社会人になったり、独身から結婚したり、子供が生まれて、新しい家族が増えたり・・・

自分の身の周りの変化と共に、確実にライフスタイルは変化する物だと、僕は考えます。
仕事を辞めて、旅に出るとか、新しく事業を興すとか・・・
そうそう、付き合う恋人の影響で、車や音楽の趣味も変わる・・・こんな事だって、
立派なライフスタイルの変化だと思います。

ただ、人間、誰しも子供(学生)の時のように、簡単にライフスタイルを変える事が難しくなるのも事実です。
会社を辞めて、事業を興したいと考えても、家族があった場合、ムチャな冒険も出来ないし、
独身の時、2シーターのオープンカーを乗っていた人が、本当は乗り続けたいけど、
家族が出来て、奥さんにも怒られるので、泣く泣くワンボックスカーにしたり・・・

歳を重ねるうち、自分の思ったようなライフスタイルとは程遠い部分で、
何かと我慢して生活をしなければイケなくなるのも事実・・・
それを世間では、責任感があるとか、大人の行動とか、賛美の言葉で表現したりするケド、
どうも、僕からは理解の出来ない部分ではあります。

男と生まれたのなら、旦那や父親である前に、一人の男として、自分の思うようなライフスタイルを
貫徹してこそ、価値のある人生だと思うのですが・・・

何故、こんな前置きのような事を “くどくど” と書くかと言いますと、
今回の移転と、島への新設は、自分自身のライフスタイルの変化からなのです。
『じゃあ、スクーターズ・カフェは?』って聞かれたら、その答えも簡単・・・
僕はその時(2002年)、自分の持っている家具のコレクションを使い、カフェをやりたかっただけなのです。

じゃ、その前は・・・って言うと、VSHを昔からご存知の方は驚かないと思いますが、
実は今回の引越しで、5回目なのです(笑)。
僕は21歳でVSHをオープンして、今年でくしくも20周年になりますが、平均すると、
4年に一度の割で、引越しをしている計算になります・・・

元々、運が良いのか? 21歳でVSHをオープンした時、
実家から1,000万円の運転資金を借りたので、(ちゃんと返しましたよ・笑)、
お金の事は心配せず、今風で言うトコのスキルアップに時間を費やす事が出来ました。

ただ、今考えると、ガキのお遊びだったようにも感じますが、
その時は海外に行って、色々な物を見て、自分の見聞を広める事こそが、スキルアップだと思い込み、
その事ばかりが優先していました。
今考えると、この時期から30歳前までは、VSHを経営しながら、海外を放浪すると言う事こそが、
僕のライフスタイルだったように思えます。
こんなムチャな20代だったので、24歳の時、すでにポルシェのナローに乗っていましたしね(笑)。
今とは違い、高級車に乗りたいと言う感覚も、若さゆえのライフスタイルと言えますね・・・

で、20代後半に、“ひょんな事” から、ビバーチェやゴーグルさんと言った、
有名雑誌の仕事をやらせて頂いた事がきっかけで、色々な撮影用のVESPAの製作、
展示会への貸し出し等、やらせて頂くようになりました。

それまでも、仕事は結構忙しく、“てんてこ舞い”だったのに、更に忙しくなり、“超てんてこ舞い” で、
『VSH大ブレイク』って感じなりました(笑)。
その時は確か僕は、29歳位で、結果、カフェを出す36歳までの7年間は、
呉の港近郊に、製作ファクトリーを構え、『誰にも合わない』、『予約以外のお客様はお受けしない。』と言う
方針を頑なに続けました。

この時の僕の気持ちは、とにかくレストアがしたい、仕事に没頭したいと言う事だけでした。
だから、この時は、これこそが、自分の選んだライフスタイルだったと思います。
実際、この7年間で、たった1人で2億5千万円もVESPAを売っています。
正直、僕は運が良いのか? 子供の頃から、あまりお金に困った経験もなく、
だから、貯蓄もにもあまり興味がなかったので、殆ど、海外旅行と趣味のコレクションに費やしました。
勿論、税務署にも入られ、散々な思いもしましたよ(苦笑)・・・

で、話はいよいよ、2002年の、『スクーターズ・カフェのオープン』へと続く訳ですが、
29歳から36歳まで、7年近くも同じ場所で、レストアして、合間に海外を放浪して・・・
こんな生活に、さすがに飽きて来た時、皆さんも、記憶に新しいかと思いますが、
巷で、カフェ&ミッドセンチュリーブームが起こった訳です・・・

そろそろ、違う人生を行こう(笑)。
そんな簡単な気持ちで、ブームに乗った感もあり(笑)、カフェとギャラリーを始めました。
お店の新設費用は、知り合いの工事業者に頼んだので、少し安く済みましたが、
それでも、700万近くかかりました。
でも、これこそが、この時選んだ、僕のライフスタイルだったのです。

とは言え、僕の予想が甘かった・・・
何となく、友人が遊びに来て、のんびりと、趣味でカフェが出来ればイイや・・・
そんなスローなお店を目指していたのですが、
そのアテは大きく外れ、もの凄く忙しくなってしまいました・・・

何故なら、カフェを出すまで、VSHは、7年間も一般の人を受け入れず、
予約で来店管理をしていた気難しいイメージのあるお店でした。
それが、180度変わり、誰でも来店OKのカフェになったモノだから、
県外からお客様が、来るわ、来るわ・・・日曜日は常に一杯・・・
毎週、土曜日はオールナイトにしていたのですが、この日も、人が来るわ、来るわ・・・
20人入れば一杯の小さなカフェです。
最後にはコーヒーを立ち飲みしているお客さんも・・・(苦笑)。

事実、ご来店して頂いた限りは、失礼の無いようにと、お話をしていたら、
あっと言う間に週末が終わり、全くレストア仕事が出来ない局面に・・・
確かに、カフェは楽しいケド、半年もしないウチに、レストア製作と、カフェへ来店されるお客様への対応が
同時に出来ないと言うジレンマに苦しむハメになりました・・・

おっとっと、長くなりましたね。
この続きの、カフェを出してからの苦悩(笑)は、また明日、ブログでお話しますね。

で、今日の1曲は、
ライフスタイルの話になったので、
『BILLY JOEL』 の 『MY LIFE』 を聴き下さい。
record101.jpg

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

今日も僕のブログを読んで頂き、有難うございました。
この続きは、明日、カフェの大掃除が済んでから・・・
ではでは・・・

Produceed by love-vespa.com