2008/5/15 木曜日

廃トンネル・・・

いや〜 今日は市内での仕事が溜まっていた為、
朝8時からお店に出て、ゴソゴソしていました (笑)。

で、午前中の早い時間帯に、ローン会社さんと契約形態の事で打ち合わせをしたり、
入金があったパーツの発送を行ったりと、結構ドタバタした後、
お昼前から山の中の塗装屋さんへと行く事にしたのですが、
こんなに忙しい日だからこそ、古本屋さんにでも行って、気分転換をしようと思い、
呉市の北部にある、山の中の塗装屋さんへ行くのには、
少々遠回りにはなるのですが、先に呉市の東部にある古本屋さんを
2件ばかしハシゴしてから、山の中の塗装屋さんへと向かう事にしました。
1328.jpg
[久々に古本屋さんに行くと、テンションが上がりますね(笑)]
2263.jpg
[この古本屋さんは、袋一杯にマンガ本を詰め込んで、500円ポツキリ!!]
3187.jpg
[中には50冊以上入りました!! 『ハイスクール奇面組』 を1巻〜12巻GET!
さらに 『うしおととら』 も1巻〜19巻をGET!! 安いですね〜 コレはハマりますね。]

こんな感じで古本屋さんをハシゴして、1時間半程度、気分転換をした後、
本日のメインディシュ? 山の中の塗装屋さんへと向かったのですが、
今日は古本屋さんへ立ち寄った為、山の中の塗装屋さんへと行くルートが、
いつもとは異なり、呉市の東部から東広島へと縦断する 『375号線』 を通る形になったのですが、
実はここ、ネットでも頻繁に紹介されている心霊スポットの
“廃トンネル” 『黒瀬隧道』 と 『二級峡ダム』 があるのです・・・

582.jpg
[『375号線』 から 『二級峡』 を見下ろした様子です。一見、“のどか” に見える山間の景色が広がります。]

正直、怖いので、立ち寄ろうか? どうしようか? マジで悩んだのですが、
今日は天気も良いし、日中なので勇気を出して寄って見たので、
今日はその写真をご覧頂こうと思います。

まず、廃トンネルの 『黒瀬隧道』 へと行く為には、国道から旧道へと入らなければなりません。
このトンネルは昭和23 (1948年) 年に開通して平成6年 (1994年) まで現役で使用されていたので、
僕も何度か通った事があります。
以前は岩肌がむき出しの怖い感じの内部でしたが、平成に入った頃かな?
閉鎖前にはキレイなコンクリート壁に “レストア” されたような記憶があります。
652.jpg 740.jpg
[国道からはずれて旧道に入ると、車止めのブロックがありましたが、半分は移動されており、
何とか通れるスペースが確保されていました。]

ほどなく走ると 『黒瀬トンネル』 と書かれた、比較的新しい案内標識が出て来ます。
825.jpg 99.jpg
[今は通る車もないので、道は荒れ放題・・・ 両サイドからは “うっそう” と草が生えていました。]

さらに走ると、両サイドの草の勢いが更に増して来ました・・・
107.jpg
[軽トラックが通るのもギリギリになる程、道が狭くなります・・・]

で、少し走ると、大きな木が倒れており、車が通れるのはここまで・・・
て言うか、通行止めになっているとは知りませんでした (苦笑)。
11102.jpg 12100.jpg
[この奥に廃トンネルになっている 『黒瀬隧道』 があります。]

ここで車を降り、倒れている木をくぐると、トンネルの入り口に行き着きます。
1329.jpg
[一人で行っていたので、この光景は少々怖かったです・・・]
1413.jpg 1514.jpg
[トンネルの内部です。さすがに夜に訪れる勇気はないですね・・・]
1611.jpg
[割れた看板が寂しそうです・・・]
1711.jpg
[トンネルの工事中に亡くなられた方の慰霊碑がありましたが、
今は訪れる人もなく、少し可哀そうな気がしました。
勿論、きちんと手を合わせて帰りました。(右端の小さな石碑です。)]

さて、いかがでしたでしょうか??
この後、『黒瀬隧道』 のすぐ横にある、『二級峡ダム』 へも行ったのですが、
今日はスペースが厳しくなって来たので、この続きは、また機会があればと言う事で・・・

で、今日の一曲は、話題が話題なので、
明るい曲にしたいと思います。
『JET LAG 』の『STAR』 をアナログ盤の音源からお届けします。
record222.jpg record52.gif
次をクリック→ [audio:jetlag.mp3]

さて、さて、実際のトコ、今日訪れた 『黒瀬隧道』 は
最近、ネットではよく話題になっているようですが、
そんなにヤバイ場所ではないように思えます。
(↑僕が感じるだけで、真偽は不明ですよ。)

僕は多少霊感がある方なので、
あまり “因縁の良くない場所” へ行って写真を撮って、
ブログに記載するような勇気はないので、
本当にヤバいと感じたら、『ネタとしては封印』 します。

でも、今日行った 『黒瀬隧道』 では、そんなイヤな感じはなかったので、
ただ単にネタ的に騒がれているだけなのかも? しれませんね。

実際のトコ、ひやかし半分で “因縁の良くない場所” に行くのは危険なので、
皆さんも心霊スポットって呼ばれるトコに行く際は、
十分、心して行って下さい。

実はですね・・・
この 『黒瀬隧道』 の近くには、地元でも有名な “ラップ音” が凄い、
『オバケ屋敷』 と呼ばれる建物があり、誰が入居しても、
一週間も経たないウチに引っ越してしまうとの事・・・

今は建物が壊され、更地になってフェンスが張ってある状態ですが、
もの凄い悪寒が走る場所なので、さすがの僕も、その場所の写真を撮影して、
ブログに記載する勇気はないですね。
マジで、災いが降りかかりそうで怖いですから・・・

以上、今日は少々、怖いネタでした。
ではでは・・・

Produceed by love-vespa.com