2012/10/8 月曜日

第2回 KURE OLD MOTORS MEETING

Filed under: TVドラマ&アニメ, 邦楽, お宝orガラクタ? — blog @ 23:53:52

いや〜 今日は昭和期のバイクと車を集めた “チャリティーイベント”
第2回 KURE OLD MOTORS MEETINGの開催日でした。

開場は午前10時からですが、
僕はレコード担当なので、準備の為、朝7時半から会場に入りました。

1892.jpg
[早めに会場に入り、レコードをかける為にターンテーブルを準備していると、
おじさんに声をかけられました。まぁ、僕もおじさんですが (笑) 、少し上の世代の方で、
レコードが懐かしかったようです。]

で・・・ イベントの方はおかげさまで多くの方にお越し頂き大盛況でした。

2677.jpg
[多数のご来場有難うございました!]

とは言え、僕はレコード担当だった為、ほぼ持ち場を離れる事もなく、
自分なりに会場の空気を読みながら、レコードをかけ続けていました。

3438.jpg
[僕のレコードブースから見た様子です。
参考までに、今回、僕はF型モールトンを4台持って来ました。
あくまでチャリティーイベントですから、商売と関係のあるVESPAは持って来ませんでした。]

ただ・・・
こういったイベントで一番困るのが、
平気で展示車に触るヤツの存在です。

小さなお子さんが触るのは仕方ないとして、
いい歳した大人が他人の大切な車両に触るのは
非常識としか言いようがないですよね。

でも、反対の立場から言えば、
『じゃ、触られて困るようなモノをイベントに持って来るな ! 』 と言われそうですが、
論点はそこではありません。

まず、先に 『このバイクに触ってもいいですか ? 』 とか 『この車の音を聞かせて下さい』 等、
大人としての最低限のマナーはあると思いますよ。

実際、車にせよバイクにせよ、それを所有し、
大人の趣味として楽しんでいる方は、きっと他人の車両に断りもなく
べタベタと触るようなバカな行為には走らないと思う。

何故なら、自分の車両が大切なように、他のそれぞれのオーナーさんも
自分の持ち物を大切にしている事をよく理解しているからです。

実は今日、僕は欧米系の留学生を連れて来ていたヤツに
ベタベタとモールトンを触られ、もの凄くイヤな気分になりました。

恐らく、近所の日本人が留学生にイベントを見せようと思い、
連れて来た可能性が高いですね。

まぁ、イベントの主催者側という立場から、
最初の2〜3回は見て見ぬフリをしていたのですが、
最後にはブルックスのサドルを押さえながら、
何やら一緒に連れて来ている留学生らしき外人に向けて、
エラそうにレクチャーしているではないか!

コレにはもう我慢出来なくなって、
『売り物じゃないので、触らないで』 って注意したんだけど、
謝る事もなく、そのまま行きやがった・・・

楽しいイベントに “水を差す” とてもイヤなヤツでしたね。

あと、コレもマナーの問題だと思うのですが、
入場料の1,000円払わず入るヤツがいました。


営利目的ではなく、収益金は全て寄付するイベントなので、
たかだか1,000円の入場料を払わず
タダ見するヤツは、いったいどういう神経をしているモノか・・・
やっている事はドロボーと同じだからね !

先の展示車に平気で触るヤツにせよ、金を払わず入場するヤツにせよ、
ガキじゃないんだから、個々のマナーや責任感に委ねるしかないのが現実ですが、
次回のイベントまでには、少し対策を考えた方がよさそうですね。

何はともあれ、今回はご来場頂き、本当に有難うございました。

と言う訳で、今日の1曲は感謝の気持ちを込めて、
『ありがとうの歌』 をお届けします。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Produceed by love-vespa.com