2007/5/25 金曜日

3,300万円

いや〜
昨晩から広島は大雨!
今日のお昼を過ぎても、雨足は弱まらず、午後3時頃になり、ようやく雨が上がりそうになったので、
サンドブラスト工場に、施工の済んだラリーを引き取りに行きました。

ただ、まだ雨が完全に上がっている訳ではなく、小雨がポツポツと降って来たりする為、
サンドブラストが済んだばかりのフレームには大敵です。
僕は軽トラックで引き取り行っていたので、
荷台に置いたフレームに雨があたれば、一発アウトです!

ブラスト工場の前で、困り顔で雨の上がり切らない空を見上げていると、
親切な工場のオジさんが、雨が降っても大丈夫なようにと、
VESPAのフレームにビニール素材を巻き付けてくれました。
163.jpg                  257.jpg
[結局、運良く雨が上がりました・・・  車内にもパーツを(笑)]

で、無事、『呉市』まで持って帰り、塗装工場に持ち込み、
本日の天王山は終了(笑)・・・
とは言え、気が付けば、塗装さんには10台近いVESPAを出している始末・・・
いつものように、VESPAを軽トラックから降ろしていると、
職人さんに、『忙しいから、すぐには出来ないよ〜』って言われながらも、
本当は早く塗ってもらいたい気持ちを抑えつつ、『いつでもイイですよ、手の空いた時にお願いします』、と、
内気な僕は、素直な気持ちを言えず、今日も塗装屋さんにVESPAを置いて帰るしかなかった・・・(笑)。

そう言えば、またまた話が脱線して恐縮ですが(苦笑)、
広島では『郵便貯金ホール』がなくなるそうです。(←僕は今日知りました! 遅い?)
ここでは、いいLIVEがたくさんありました。
『レイ チャールズ』や『ジェフべック』、それにガラガラだったケド『TTD』もここで見たなぁ〜

『あ〜あ、“ユウちょ”、無くなるんだなぁ』って思ってたトコ、
『捨てる神あれば拾う神あり』とはこの事、ホールの機能を存続させる為、
何と、広島県が『郵便貯金ホール』を買い取ったそうです。

そこで、その運営費に充てようと、『命名権』契約、いわゆるよく聞く『ネーミングライツ』契約で
費用の捻出を計るとの事・・・
まぁ、簡単に言えば、『ネーミングライツ契約』=『ホールに好きな名前を付ける権利』と思って頂けば、
一番分かり易いと思いますが、その契約が、最近まとまったそうです。

で、このネーミングの権利を手にしたのが、広島では有名な警備会社、
『広島綜合警備保障株式会社』さん。(僕のトコはセコムですが・笑)、
そしてその名前は『ALSOKホール』。
契約期間は5年間で、年間契約費用は3,300万円との事・・・
警備会社って景気がいいんだね〜

でも、『ケンタッ○ー・フライド チキ○ンホール』とか『吉○家・牛丼ホール』よりは
断然、警備会社の方が、イメージ的には格好イイと思います!

いいなぁ〜、うちも予算があれば、
『ヴェスパ サービス ヒロシマ ホール』とか命名して、
『ジェフべック』とか『ロバートプラント』とか、渋めのミュージシャンに来てもらいたいな〜(笑)。
『ジェフべック in ヴェスパ サービス ヒロシマ ホール公演』なんて、昭和な響きで素敵じゃないですか!
妄想は広がるばかりです・・・(笑)。
『年間3,300万円かぁ〜』・・・は〜(タメ息・・・)

で、今日の一曲は、唐突ですが
『ADAM CLAYTON & LARRY MULLEN』で『MISSION IMPOSSIBLE』です。
今日、突然に聴きたくなったもので・・・(笑)。
いつ聴いても、格好イイ曲ですね!
record28.jpg
次をクリック→[audio:mission.mp3]

先の『ネーミングライツ』契約の費用の話に戻りますが、
毎月、月末に払う家賃は大変だなぁ〜って思うけど、
金額が3,300万円にもなると、額が大き過ぎて、何だか払えそうな気になるので怖いですね。
もっとも、実際に3,300万円なんて、絶対に払えませんが(笑)・・・
ではでは・・・

Produceed by love-vespa.com