2007/5/30 水曜日

美しいニッポン 消えた年金5,000万件 自殺する人30,000人

いや〜・・・昨日、今日と全く時間が無い状態でした・・・
徹夜でエンジンを組み立てたり、加工屋さんを周ったり、
パーツ販売のお客様の見積もりを製作したりで、かなりハードでした。
259.jpg    166.jpg
[徹夜でエンジン組み立てを・・・]

で、今日は夕方から用事があった為、広島市内に出たのですが、
実は子猫を拾ってしまいました・・・
どうして、拾う事になったか?と言うお話は、また明日にして、
今日は少しシビアな話をさせて頂きたいと思います

338.jpg
[子猫を拾いました・・・この話はまた明日に・・・]

何と言っても、ここ数日、『松岡前農水大臣』の自殺の話題で持ち切りですね・・・
自分の “やって来た事がやって来た事だけに” 、死ぬしか方法が無かったのだろうか?
『死人に口なし』『トカゲのシッポ切り』・・・しっくり来ないけど、
火の国の男らしい、ケジメの付け方だったように思います。

日本人的に言えば、『死んでしまえばみんな仏様』、死人にムチ打つような事を言う気もないので、
『心からご冥福をお祈りします。』としか、言いようが無いですね・・・
ただ、『松岡前農水大臣』の自殺をネタに、与党が年金問題で大わらわの国会を、
散会させるのはどうかな?と思います。

僕は年金を20年近く払って来ていますし、その先行きは不安です。
あまり政治の動向には興味が無い僕でも、年金制度が崩壊している事くらいは理解出来るし、
手を換え品を換え、受け皿が同じで、名前だけを変更した、年金を食い物にする組合を
作ろうとしている事くらいは分かります。

そう言えば、年金をきちんと収めたのに、バ○の集まり『社会保険庁』が、『5,000万件』にも登る
支払記録をなくしたばっかりに
、そのトバッチリで、年金がパァーになってしまった方が、
TVのインタビューに対して、『年金をマジメに払う方がバカを見る!』
『今の20代には、年金なんか払うより、自分で貯金をする事を薦める!』と言ってましたが、
僕もその意見には賛成です。
『5,000万件』もどうやったらデータが無くなるのか?烏合の衆とはこの事ですな・・・(苦笑)。
これじゃ『松岡前農水大臣』のように、この問題で、自殺者が出てもおかしくないと思う・・・

そうそう、今、日本では、『1年』でどれ位の人が『自殺』していると思いますか?
なんと『30,000人』です。
この数は先進国の中ではブッチギリの1位ですし、当分の間、この座は揺るぎないと思います(苦笑)。

中には自殺する人を否定する方がいらっしゃいますが、僕は自殺賛成論者です。
なぜなら、人間は生まれる場所は選べないじゃないですか? だから死ぬ権利こそは自分自身にあると思います。
ハッキリ言って、生まれた場所、家、人種などで、人生の半分は決まるじゃないですか!
『みんな平等だ』なんて言うのは、雲の上で何も知らずに生活している人が言う理想です。
偽善者のたわごとです。
多分、そんなヤツらは、スーパーの閉店前に惣菜が半額になる事なんて知らないと思う(笑)。
(↑例えが下手でゴメンなさい・笑)

『もうヤダ! 死ぬしかない』と追い込まれた時、自らの命を絶つ権利は、その人にあると思います。
だから、自殺した人に対して『死ぬくらいなら他にも方法が・・・』と言ってあげてほしくないですね。
悲しいけど、今の日本では、『努力したら夢が叶う』なんて、とてもじゃないケド言えない・・

昔の日本は『努力したら報われる』と言われていたようですが、
今の日本じゃ、マジメに努力した人がバカを見るケースが多い・・・
『年金問題』がいい例だと思う・・・
僕はそう思いますが、皆さんはどう思いますか?
さえない話ですね・・・

そう言えば、コレも『自殺』で思い出した話ですが、
僕が小学校の頃、同級生のお父さんが自殺されたのですが、
遺体が発見されるまで、2〜3日の間は行方不明でした。

結果、お父さんの遺体を発見したのが
その息子さん、(いわゆる僕の同級生の子)だったのですが、
彼は、何となく、山の中に入って行き、
雑木林の中で首を吊っているお父さんを発見したそうです。
本当に何も考えず、導かれるように、その場所に行ったそうです。

勿論、この話は緘口令が布(し)かれ、『自殺』と言う事さえ、知っている人も少なかったように
記憶していますが、お父さんが、息子さんを呼んだのでしょうか?
本当に不思議な話です・・・

で、今日の一曲は『自殺』と言う、暗い話題になったので、
『天国への階段』のアコースティック・カバーをお聴き下さい。
とてもキレイな演奏です。
record32.jpg
次をクリック→[audio:stairway_to_heaven.mp3]

そう言えば、古くから、『自殺』に対する記述は、結構、残っており、
ご存知の方も多いかと思いますが、『エジプト・プトレマイオス朝』の『最後の女王』として有名な
『クレオパトラ7世』は、『アクティウムの海戦』に敗北後、『オクタウィアヌス』に屈することを嫌い、
コブラに自分の体を噛ませて自殺したと言われていますね・・・
ともあれ、『自殺』が当たり前の世の中って・・・幸せな気分にはなれないですね。
ではでは・・・

Produceed by love-vespa.com