2007/10/4 木曜日

今は波の音だけ・・・

Filed under: 史跡&神社&景色, ジャズ&ブルース, 猫の話, 島探訪 — blog @ 22:40:31

いや〜今日は島に引きこもって仕事をしていました。
お昼過ぎだったでしょうか? 外でうちの猫君とノラ猫がケンカをしているようで、
見てみると、茶色と白の2トーンのノラ猫が、一方的に鳴いて威嚇しているようでした。
でも、うちの猫君は比較的、
のんびりしている性格の為、全く動じていない様子・・・

ただ、ノラ猫と仲良くしたかったのか?それとも、意味もなく威嚇されたのが
ショックだったのか?、家に戻って来て、少し悲しそうな表情をしていました・・・
体が大きくなったとはいえ、まだまだ生後半年足らずの子猫です。
“猫の世界の社会ルール”を、こう言った形で、覚えて行くんでしょうね・・・
cat_1.jpg
[悲しそうな顔をしていました・・・]

ところで、今日、通信販売の荷物の集配をお願いしたトコ、
島という事で、なかなか時間の融通が利かない為、(ほぼOUT・・・)
仕方なく、広島県の最南端となる、『鹿島郵便局』まで、僕が『FIAT500』を運転して、
荷物を持って行きました・・・(半泣き)

街中だと、郵便局は近いし、ほぼ、お願いした時間に、スマートに荷物の集配をしてくれるのですが、
“郷に入っては郷に従え”じゃないケド、自分の選んだ環境下での事ですから、
こればかりは、自分が頑張るしかないと思いました・・・

で、郵パックの場合、局に持ち込むと、100円の割引があるそうですが、
とても、100円じゃ動きたくないような仕事(距離)です(苦笑)。
でも、せっかくなので、島の景色を楽しみながら、荷物を郵便局へと届ける事にしました。
1151.jpg
[鹿島郵便局前です。空も海もキレイです。]

そう言えば、島の郵便局から荷物を出す際、VSHのお店は呉市内にある訳で、
伝票の住所は『鹿島郵便局』からは程遠い(実際はもの凄く遠い)場所になる為、
局の方が不思議がられて、色々と質問して来ました。

いつもなら『ウザイなぁ〜』って如実に顔に出し、あえて感じの悪い人のフリをするのですが、
島の人って、何て言うんだろう? ホント、ピュアで悪気がないのが、よく理解出来るので、
はじめて行った郵便局なのに、聞かれるがままに、レストアの仕事の事や、
その仕事の為、レストア工房を鹿島近郊に構えた事など、結構、話し込んでしまいました(笑)。

集配業務がうまく行かなかった分、窓口で街中ではなかなか出来ない経験をしたので、
多少、実りがあったかな?って思います。

ただ、島の方との交流はこれだけではなく、
郵便局から出て、『FIAT500』に乗ろうとすると、おじ〜ちゃんが立っていて
『こりぁ〜変わった車じゃのぅ〜』『新車か?』
って、興味津々・・・

勿論、街中でこんな事を言われても、完全シカトで車に乗り込むトコですが、
やはり、島の空気は人を穏やかにさせるのでしょうか(笑)。
ここでも、また、おじ〜ちゃんと少し話し込んでしまいました。

で、最後におじ〜ちゃんが、
『そう言やぁ〜あんた、見ん(見ない)顔じゃのぅ〜』『どっから来たん』との事・・・
そう言う事は最初に気付いてよ〜・・・と、思ったのですが、
コレもまた、島の魅力かも?しれない・・・

さて、さて、今日はせっかく、荷物を出しに来たのだからと思い、
鹿島で、前々から気になっていた場所があるので、
少しだけですが“探検”して見る事にしました(笑)。

その場所とは、鹿島大橋を抜け、左に下りると、すぐに見える、海沿いにある建物です。
kashima.jpg
[鹿島大橋です・・・]
scool_1.jpg
[矢印の場所です。海の見える、素敵なロケーションに、建物はあります。]

で、入り口が分かり辛かったのですが、何とか探して行って見たトコ、
『広島県の最南端の小学校』、『鹿島小学校』との事・・・
気になったので、後から調べて見たトコ、2003年の3月で惜しまれつつ、廃校になったそうですが、
島民の方の強い要望で、校舎だけではなく、
内部も全て、学校があった時のまま、保存されているそうです。
どうりで、人影が全く無いのに、さびれた感じがなく、
むしろ、『今、授業中なの?』って思えてしまえる程です。

今日は、その『鹿島小学校』の写真を何枚か撮影しましたので、
ご覧頂きたいと思います。
kashima_in_1.jpg  kashima_in_2.jpg
[鹿島小学校 校門跡です。]
k_1.jpg
[学校入り口には大正10年に建てられた、電燈建設記念碑が・・・歴史がありますね。]
k_2.jpg
[勿論、校庭内は立ち入り禁止]
k_3.jpg
[教室内部も、そのまま保存されている為、一見、廃校には見えません・・・]
k_4.jpg
[錆びて、朽ち果てて行く遊具が、少し悲しそうです・・・]
k_5.jpg
[校庭前に細い道がありました・・・でも倒壊していて、通行止めに・・・探検はここで終了・笑]
k_6.jpg
[でも、校庭のすぐ前は海・・・素晴らしい環境です。]

いかがでしたでしょうか?
海のそばにある小学校っていうのは、最高ですね。
現実問題、無理を前提に書かせてもらうと、
こういった、島の美しい環境の中で、小学校時代を過ごせる方が、
街中の問題が多い環境より断然に良いと思います。
少人数の方が大きなイジメとかもないでしょうしね・・・
なので、2003年に廃校になったのは、とても残念です。

極論とは思いますが、校区の制度を廃止して、市外、県外から生徒さんを募れば、
沢山の子供達が来てくれたように思います。
絶対にこの『鹿島小学校』は、最高の環境で、子供達を育んでくれる事でしょうが、
その反対に、今の超スピード社会に対応して行くと言う点では、逆行した考えなのかも? しれませんね・・・

難しい問題です・・・
“おおから”に育つという事と、大人になり、競争社会に入り、
他人より有利に立ち、したたかに生きて行くという事は、
決して合致しない世界のように思えますから・・・

最後にシリアスな内容になってゴメンなさいね・・・

小学生の声が消えてから久しい『鹿島小学校』の校庭、
今、聞こえるのは、波の音だけです・・・

今日の1曲は、波を感じる、素敵な曲、『北島健二』の『Movin’ Waves』をお聴き下さい。
record86.jpg
次をクリック→[audio:movin_2.mp3]

Produceed by love-vespa.com