2020/7/1 水曜日

ステーをステー(捨て)なさい! (笑)。

いや〜 このブログでもよく自転車のネタをお話する事があるかと思います。

40歳を越えてから中学生の頃に買ったラスコルサをレストアしたり、
毎年夏になるとコルナー(コルナゴ)に乗って修行ライドに出たりしていますが、
やはり一番好きなのは英国製のF型モールトンですね〜

F型モールトンは60年代後半には生産が終了しており、
70年代に入ってからはラレーブランドのMK3になっているので(←MK-3も持ってますよ〜)
オリジナルの60年代部品を探すのは難しかったりします。

ただ、僕は20代の頃から仕事の関係で頻繁にイギリスに行っていたので、
その都度、VESPAのパーツの仕入れの合間をみて
フリーマーケットやオートジャンブルに行って
モールトンの中古パーツを買い漁っておりました(笑)。


実はその時買い漁ったパーツがまだいくつかあるのですが、
さすがに50代になり先が見えて来たので、最近はボチボチとネットオークションで売っ払っています。

で、そんな中、先日『海の家』の倉庫から大量のフェンダー用のステーが出て来ました。

12870.jpg
[こちらがそのフェンダー用のステーです。
持っていた事は何となく覚えていたのですが、最近では確認する事さえありませんでした。
全て60年代のモールトンの純正品です。多分100本近くはあると思います。]

『奥さんにステーをステー(捨て)なさい。』と言われつつも隠し持っておりましたが(苦笑)、
もうそんなに拘る歳でもないので、そろそろマジメに断捨離しようと思っております。


という訳で今日の動画は
無駄に沢山買い漁ったステーの様子をご覧頂こうと思います。
今日もお時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。

(この動画はブログ限定です。)

次のページ »

Produceed by love-vespa.com