2012/10/31 水曜日

迷走鳥 と カープが強かった頃の思い出・・・

Filed under: 海の家, VSHオリジナル動画 — blog @ 23:15:18

いや〜 昨晩は 『海の家』 へ泊まりました。
で、明けて今朝からは、プリマベラのエンジンを組み立てる事にしました。

1916.jpg
[クランク等、新品パーツを多用して組んだのですが、
一部、気になるトコがあった為、途中で製作を中断しました。
新たにパーツが届くまで、一時製作はお預けです。]

ところで、エンジンを組んでいると、何やら頭の上が騒がしいので、見上げてみると、
野鳥が迷い込んで来て、バタバタやっているではないか !
家の中に野鳥が迷い込んで来るなんて、街中ではあまり見ない光景ですが、
『海の家』 では、窓を全開にしていると、結構、おっちょこちょいの鳥が飛び込んで来たりします。

と言う訳で、今日の動画はこの “迷走鳥” をご覧頂こうと思います。


さて、さて、午後からは、実家から運んだ大量の荷物を
捨てる物と捨てない物に “仕分け” していたのですが、中から面白いモノが出て来ました。

2693.jpg
[1991年にカープが優勝した際、日本シリーズを観に行った時の半券が出て来ました。]

まぁ、広島県人として、カープが好きなのは当然の事です。
いや好きだったと言った方が正解かな・・・


実際、地元の銀行が主催するカープが優勝したら預金金利がグーンと上がる、
『カープV預金』 なる物も、優勝の願掛けを兼ねて参加していましたが、
皆さんもご存じのとおり、今世紀に入ってからは優勝はおろか、
Aクラスにさえ入れない球団になってしまいました。

応援しても応援しても応援しても勝てません・・・ 勝ってくれません・・・ (涙) 。
こんな事が21年も続くと、さすがに疲れます。 心が曲がります、折れてしまいます・・・
キャンプ時期になると、毎年、毎年、毎年、『よし、今年こそはV奪回だ ! 』 なんて言っている
自分がアホに思えて来ました。

『奪回』 と言うのは、常にAクラスに留まり、2〜3年に一度は必ず優勝している強いチームが言う言葉ですが、
事実は異なります。今、20歳の若者はカープの優勝を見た事が有りません。

30代の方も “何となくうろ覚え” 程度かと思いますし、
1991年に日本シリーズを観に行った40代の僕でさえ、
カープの優勝は忘却の彼方へと消え去りそうな位昔の事です。

以前は県外の人間から 『弱小カープのどこがいいの ? 』 って、冷やかされると、
熱くなって喧嘩ごしに討論をしていましたが、今は違います。
『弱小カープ』 と言われても、当たっているから反論が出来ないのです。
何とかしてくれよ〜 胃に穴が空くぞ・・・ (苦笑)。

実際、スポーツは子供に夢を与えるモノです。
確かにプレーを観る事も大切かとは思いますが、
やはり子供への一番のプレゼントは 『勝利』 ではないでしょうか?

やってもやっても結果が出ないチームを子供に観せる行為は
説得力がないような気がします。

例えば、負けた後、『明日につながるいい試合だった』 とか言われても、
いつまで経っても勝てないから、
結局、『明日にはつながっていない』 って事になりますよね。

大人が趣味で応援するのには問題ないかもしれませんが、
スポーツで勝つ喜びや成功の大切さを子供に教えるという点においては、
今のカープでは、少し荷が重いような気がします

『人生、結果が出なくてもイイんだ』 って、間違った人生観を植え付ける恐れがありますからね・・・
なので、ここ数年は球場に足を運んでいませんし、
今後も運ぶ事はないでしょうね。

子供の誕生日とかに観に行って、ボロ負けされたんじゃ、
トラウマになり兼ねませんからね・・・ (苦笑) 。

勝負事は結果が全てではないですが、あまりにも結果が出ないのも惨めな物です。
せめて、今年位はクライマックスに行って欲しかった・・・

もう応援する気もないけど、やはり勝って欲しい・・・ 
僕のような複雑な心境の方も少なくはないと思いますよ。
広島県人なら・・・

今日は愚痴になってしまいましたね〜 (苦笑) 。
ではでは・・・

次のページ »

Produceed by love-vespa.com