2017/1/31 火曜日

1月にあった残念な事・・・

Filed under: TVドラマ&アニメ — blog @ 22:51:55

いや〜 1月も終わりますね。

ここ数日はトランプさんが好き放題やっているので、
円高になりつつあります。

一般的には円高は良くないと思われていますが、
僕のように海外からパーツを輸入している業者からすれば、
1円でも円高の方が有り難いですね。

ただ、景気を含め色々な事が先行き不透明な感じなので、
トランプさんも良し悪しです。

まぁ、グローバルな事を考えるよりも先に
僕は溜まっている仕事を片付ける事が優先なので、
円高になってくれる事を願いつつ、仕事を続けるしかないですね。

実際、今月も忙しかったのですが、
忙しい時に限って 仕事を依頼する気がない 『ひやかし』 からのメールに
時間を取られる事が多く、本当に不快な気分になります。


特に今月は意味不明な案件が2件有りました。
本当に困りました・・・

まず1件目ですが、
下記のような内容のメールが神奈川県の方から届きました。

『vespa 125ET3 の車体中古品について、販売可能で比較的状態の良いものを探しております。
もしありましたら、見積書を作成いただけないでしょうか・・?
可能であれば、PDF等にて、メール添付でいただければ助かります。
大変ご面倒をお掛けしますが、宜しくお願いします。』

この方、間違いなく購入の意思はないですね。
ET-3なら当店のホームページに出ていますし、
見積もりをPDFで要求するところを見ると、明らかに何らかの目的で
見積もりだけが欲しいのだと思います。

例えば事故の修理用とかお金を借りる為とか・・・
実際、当店にあるET-3のご案内をしたところ、
全く返事を頂けなかったので、間違いなく見積もり目的だったようです。

さてもう1件は、当店の近郊にお住まいの方から
下記のような内容のメールが届きました。

『はじめまして。
ベスパP125Xの修理の件です。
アイドリング調整が出来なくなりました。
オイルシールなどの不具合かもしれませんが、専門の方に見て頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。
予算 : 5,000円から20,000円』

皆さんどう思われますか?
オイルシールの交換を行う場合、エンジンの分解洗浄は必至ですよね。
その場合ベアリングやクラッチの交換も出て来ます。

そうなると部品代だけで軽く20,000円を超えてしまいます。
実際、問い合わせに悪意はなく、本当にこの価格で修理出来ると思われているのでしょうから
個々の価値観の違いは仕方のない事です。

ただ、20,000円でエンジンのオーバーホールは不可能ですから、
プロの見解でパーツ代金やかかる費用をお知らせしたところ、
『検討後、改めて連絡します。』 と回答が来たキリ、その後は音信不通です (苦笑)。

正直なところ、こういう輩が仕事を依頼して来るとは思っていません。
金銭的な面で音信不通になるしか方法がないのかもしれませんが、
ある意味、人に嘘をついている訳ですから、生活していて気持ち悪くないのかな? と思います。

まぁ、顔の見えないネットでの事ですかから
『何でもアリ』 だと思っているのでしょうが、その人の人間性が出てしまいますね。

こういったいい加減な方からの 『ひやかしメール』 が届く度、
不快な気持ちになってしまうのは僕だけでしょうか?


僕と同様に自営業者の方々は、
こういった、いい加減な人からの対応はどうしているのでしょうか?
教えて頂きたいところです。

はぁ〜(深いため息)・・・
忙しいので2月は 『ひやかし』 のメールが届かない事を願います。

という訳で今日の動画は
気分を換えて 『ひやかしのコント』 をご覧下さい。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

次のページ »

Produceed by love-vespa.com